有名人になったら住まいに関して色々な工夫・対策が必要

有名人は住所を知られると大変

有名人になるとまず、近所の人やタクシーの運転手さん等がうっかり話してしまったことなどがきっかけで、マスコミ関係者などに家の場所がバレる可能性があります。また何らかの方法で個人情報を入手し、インターネットの掲示板に何者かに有名人の住所や電話番号が書き込まれるというようなサイバー犯罪も起こっています。そして不特定多数の人々に家の場所を知られてしまった場合、あらゆる意味で住みづらい環境に陥ってしまいます。そして住宅を購入してしまっている場合は身動きがとれずに苦しむ場合もあります。そのため、もし今後、何らかの分野で有名人になりたい場合は、安易に住宅は購入する計画は立てず、トラブルに苦しまないように賃貸住宅を転々とするという形も考えなくてはなりません。

住まいを知られないために気をつけるべきこと

まず知名度が高い人がマンションに引っ越す場合は、近所に挨拶に行った際に相手が自分の事を知っていた場合は、自分がここに住んでいることを秘密にしてほしいと頼むことである程度の対策が可能です。タクシーに乗る時は自宅前で下してもらったり乗車しないようにする必要があります。SNSを開設しているような場合は、投稿する文章や写真・映像に住所が特定されてしまうような情報が含まれていないか、投稿前に念入りに確認することも重要です。

実家にも迷惑をかけないようにする

自宅の場所が不特定多数に知られてしまったとしても賃貸住宅なら引っ越すことで問題は解決します。しかし、実家の住所を知られてしまった場合、実家が購入して住んでいる家だとするとファンが実家を勝手に訪れるなど両親に迷惑がかかる恐れもあります。そのため、出身地や出身校に関する情報に関しても、情報をあまり公開しないような形が推奨されます。

山本英俊は愛知県名古屋市の出身でパチンコ機器卸を業務とする会社の代表取締役会長です。馬主としても知られます。