知っておきたい!墓じまい後の供養方法とは

どんな人が墓じまいをするの

墓じまいという言葉を最近よく聞くけど、一体どんなことをするのか、どんな人が墓じまいをするのかと思う人もいるでしょう。この墓じまいとは、今あるお墓を解体し、更地にすることを言います。以前は、先祖代々のお墓を子供が守っていくというのは一般的な流れでしたが、少子化によってお墓を守る人が居ない人も増え、墓じまいをする人が増えてきているようです。また、高齢化によって、子供がいないことで墓じまいする人もいます。お墓を管理する人が居なくなれば、そのお墓は無縁墓となります。少子化や高齢化によって、多くの霊園やお寺でこの無縁墓が増えてきていると言われています。先祖のお墓を無縁墓としないためにも、承継者がいない人は墓じまいを考える必要があるでしょう。

墓じまい後の供養法は?

墓じまいとはどんなことなのかが分かっても、墓じまいをした後の遺骨はどうするのかと思ってしまいますよね。この墓じまい後の遺骨の供養方法には、永代供養、手元供養、散骨があります。永代供養はお寺や霊園が遺族に代わり供養をしてくれるというものです。手元供養は、遺骨を自宅に置いて供養します。散骨は、遺骨を粉状にして、海や山、空から遺骨を撒いて供養をします。永代供養や散骨であれば、お墓の承継者がいない人でも供養することができ、墓じまい後も安心できるでしょう。昔は、お墓を建ててそこに納骨をするのが一般的な供養方法でしたが、様々な供養方法が選べる現代では、自分に合った供養をすることができます。

墓じまいするのは決して珍しいことではありません。歴史的に見れば平安時代などは墓は一部の豪族だけの物でした。