じつは大切な試験!EMC試験ってなんだろう

人間のために大切な試験

EMC試験は電化製品では必ずおこなわれる試験です。試験内容としては電子機器から不要な電磁波や電波が出ていないかどうか確認するものです。実際は、完全にこれらの電磁波や電波をシャットアウトすることは不可能ですので、国が決めたレベル以下であることを確認する事になります。電磁波や電波が人体にどのような影響を与えるかは、まだわからないことも多いですが良くないものであることはわかっています。そのため、人間が安心して使えるようにEMC試験に合格した製品のみが販売されています。また、民生機器と業務用機器ではEMC試験の厳しさは異なります。

電子機器の安定した動作を確認する

EMC試験では電化製品に外部から妨害電波を与えることで誤動作しないかどうかも確認されます。妨害電波により電化製品が動かなくなってしまうと困りますし、最悪の場合妨害電波により電化製品から発火することもあるのです。このような危険を回避するためにもEMC試験はおこなわれます。

どんな対策をしているの?

電化製品の開発者にとってEMC試験のハードルは高いです。近年はデジタル化の波を受け電化製品の中には高速の信号がたくさん走っています。これらの高速の信号がプリント基板などの配線がアンテナとなって、外部に電磁波や不要輻射電波を出してしまします。対策方法としては、シールドする事です。最近のプリント基板は多層化していますので、高速信号を基板の内側の層を通すことで外部に漏れないようにしています。信号が強力な場合は鉄板にて回路を囲むことで電波の漏れを防いでいます。

EMC試験とは、電気機器を対象に行われる耐性試験のひとつであり、機器内部および機器外部から発せられる妨害電波により、電気機器の機能や動作に影響がないかどうかを検査する試験です。