男として悩ましい包茎…思い切って治療しよう!

医者に見せるのって恥ずかしくない?

包茎の人は常々包茎を治したいと思っているでしょうが、一番のハードルというのはやはり医者に見せる恥ずかしさですよね。ですが、実際に医者の人が包茎を見てどう思っているかといえば、特に何とも思っていないというのが本当の答えなんです。というのも、医者は何人もこれまで見てきている訳ですし、色々と学ぶ上で様々な症例を頭に入れてるのです。ですので、患者側が委縮して何か言われるのではないかとおびえる必要はありませんし、堂々と医者に見せて、自分の包茎の治療を進めていく事が大切です。

治療法は手術以外にあるのか

包茎の治療法というのは、どんな方法であれ大抵が手術となってきます。手術と聞くとどうしても大掛かりなものを考えてしまいがちですが、包茎の手術自体は割と簡単なものが多く、入院の必要もありません。そのため、人に包茎手術をしたという事がバレる事はまずありませんし、手術の時間自体も長くありません。ですので、治療法で手術を提案されたとしても、恐れる事なく手術を受けて大丈夫です。

包茎手術って痛そうで怖い

包茎手術といえば、どうしても考えてしまう事が痛そうというイメージですよね。確かに、下半身の手術ですのである程度痛みがあるのは事実ですが、実際の痛みというのは手術の際の痛みではなく、麻酔注射の痛みです。麻酔注射さえ耐えてしまえば後はそこまで痛みはありませんので、痛みが怖いという人は安心して良いのではないでしょうか。ただ、麻酔注射の痛みも怖いという人のために、有料オプションで痛くない麻酔が用意されているところもありますので、どうしても気になるのでしたら相談してみるのもオススメです。

包茎は、勃起時に包皮がめくれない嵌頓タイプの場合になると形成手術が必要ですので、悩んでいる場合はすぐに病院に行ってカウンセリングをしてもらいましょう。